猛暑日の熱中症には要注意!!猫ちゃんの熱中症予防策について

猫ちゃん病気や怪我問題

熱中症になると体はどうなるの?


 熱中症になると体温が上昇し具合が悪くなります。適切な処置を怠ると症状がどんどん悪化していきます。体温が上昇すると、多くの臓器機能が低下し脳などの中枢神経へ影響がではじめます。そして意識障害が現れたり、多臓器不全や脳の機能障害で死に至る場合があり、一命を取り留めても後遺症が残る場合があります。熱中症は、生活環境を工夫したり注意することで予防ができます。陽射しの強い時間の外出を避けることはもちろんですが、お出かけ前に涼める場所をチェックしておくのもお勧めです。



猫ちゃんの熱中症について


 熱中症は、高温と多湿の環境によって体温が異常に高くなることで起こる病気です。人間の場合は、汗をかくことで体温を下げようとします。しかし、猫ちゃんは汗をかいて体温を下げることができません。そのため猫ちゃんは、周りの環境を変えることで体温を調整しています。例えば、日陰や風通しの良い所に移動して体温を下げたり、毛布にくるまるなどして体温を上げます。完全家猫ちゃんの場合は、部屋の温度が上がってしまうと体温も上昇してしまいがちです。愛猫ちゃんの熱中症予防のためにも、夏場の部屋は涼しさを保ちましましょう。
 猫ちゃんに熱中症の疑いがある時は、冷たいタオルなどで全身を包んで体温を下げるようにしながら病院へ連れていきましょう。猫ちゃんが熱中症になると、呼吸や脈拍が速くなり、口を開けたまま『ハァハァ』苦しそうに呼吸をします。体調が悪そうなど猫ちゃんの様子(初期症状)から熱中症を発見するのは難しいため、夏の部屋は熱中症にならないように温度調整に注意しましょう。

猫ちゃんの熱中症予防策について


 完全な家猫ちゃんの場合は、部屋の温度と湿度が熱中症予防対策のすべてになります。35℃以上の猛暑日は、適切な室温と涼しい場所がポイントになります。部屋の温度調整のはやはりエアコンが鉄板になりますが、飼い主さんが快適に感じる室温が猫ちゃんのとっては寒いと感じる場合もあるようです。
 猫ちゃんのベッドの近くにヒンヤリマットを置いてあげるのもお勧めです。猫ちゃんがヒンヤリマットの所でくつろいでいたら、猫ちゃんが体温を下げている印になります。

【楽天】猫ちゃんヒンヤリマット



人間の熱中症にも気をつけて!!


 世界的な温暖化によって世界各地では、気温上昇が続いています。もはや熱波が東京に来る日もそう遠くないのかもしれません。特に都市部では気温上昇が確認されています。毎年、熱中症によって抵抗力の低い乳幼児や高齢者が死亡しており、死亡率は年々増加しています。
 熱中症予防のための水分補給は、塩分を含んでいるスポーツ飲料が最適です。脱水症状を起こした時に水分だけ摂取すると血液中の塩分が低下し筋肉の痙攣を起こしてしまう可能性があります。水分補給の際には、塩分チャージタブレッツなどと一緒に補給するようにしましょう。カフェインが含まれる緑茶や紅茶などは熱中症の予防には向いていませんが、麦茶はカフェインが含まれていないので水分補給に向いています。塩分タブレッツは、猛暑が終わりに近づくとセールする場合があるので、セールを見かけたら来年に向けてのストック買いもお勧めです。

【楽天】沖縄限定!塩分チャージタブレッツ

catsneko

1,237 views

譲渡会で頂いた猫ちゃんを飼っています。猫ちゃんのお役立ち情報を届けられるように、猫好きのお友達達と情報交換しています。

プロフィール

関連記事一覧

error: Content is protected !!