もしかして猫アレルギー?気になる症状、猫アレルギー対策

猫ちゃんライフ

アレルギーが起こるメカニズム


 アレルギーが起こるメカニズムは、大きくわけて即時型と非即時型の2つのタイプに分かれています。どちらも体内に侵入した寄生虫などを退治するための免疫システムが、アレルゲン(アレルギー反応を起こす原因物)を寄生虫の侵入と勘違いして免疫反応が生じることが原因になります。
 アレルギーは、IℊEという抗体によってアレルギー反応が素早く起こる即時型と数日から数週間にかけて起こる非即時型があります。IℊEは血液検査で調べることができるアレルギーの抗体で、マスト細胞という細胞と結合してヒスタミンなどを放出しアレルギー症状が現れます。症状が重い場合は、ショック状態になったり意識障害が現れたりします。非即時型はIℊEと関係なく起こり、メカニズムは解明されていません。症状は、アレルゲンにさらされてから数時間から数週間で起こるため原因物質の特定が難しい場合も多々あるようです。
 日本を含む先進国では、何らかのアレルゲン抗体が陽性を示す場合が増えています。一般的には、ペットを飼っている人の方がアレルギー疾患の発症率は高くなりやすいといわれています。しかし、生まれる前からペットがいる場合は、アレルギー疾患の発症は少なくなるともいわれています。



猫アレルギーの症状


 猫アレルギーは、鼻水やくしゃみ、眼の痒みなど花粉症と似たような症状がでます。猫ちゃんと同じ空間にいるだけで皮膚に痒みがでる場合もあり、症状は人によってさまざまなようです。猫ちゃんと触れ合って急に症状が出たら医療機関で検査してもらうのもお勧めです。症状があれば健康保険で検査を受けることができます。私自身、呼吸器内科でアレルギー検査して頂きました。採血検査となり費用は5,000円位だったと思います。

猫アレルギーの原因は何?


 猫アレルギーの原因は、猫ちゃんの毛やフケ、皮膚のクズであるとされています。猫ちゃんは、毛が定期的に生え変わるため古い毛は抜けていきますし、フケや皮膚のクズは目に見えない程細かく軽いため空中に数時間漂います。猫ちゃんがグルーミングしている時や体を掻いている時は、かなりの量の皮膚のクズを空中に撒き散らします。しかし、猫ちゃんには悪気はありません、、。アレルギー症状がでているのであれば、空気清浄器をかけるなどしてアレルゲンの排除を心掛けて様子をみてみましょう。それでも改善されない場合は、医療機関へ相談した方が良いかと思います。

【楽天】空気清浄器 



猫アレルギーの対策


 猫アレルギーの対策は、原因となるものを少しでも減らすことが大切です。具体的には、部屋を綺麗に保つことがポイントになります。空気清浄器を設置すると猫ちゃんのフケを除去してくれます。また、カーテンなどは、アレルギーの原因となるアレルゲンが付着しやすいので、細めに掃除機をかけたり洗濯機にかけることがお勧めです。猫ちゃんの行動範囲にあるカーペットもアレルゲンが付着しやすいので、カーペットを使わないようにするのがベストです。どうしてもカーペットを使わざる得ない状況であれば、掃除機を細めにかけてアレルゲンの排除しましょう。

【楽天】アイロボット ロボット掃除機 ルンバ

catsneko

1,450 views

譲渡会で頂いた猫ちゃんを飼っています。猫ちゃんのお役立ち情報を届けられるように、猫好きのお友達達と情報交換しています。

プロフィール

関連記事一覧

error: Content is protected !!