猫ちゃんの爪とぎ被害対策のおすすめ~壁やソファを守る方法~

猫ちゃんライフ

しつけで爪とぎを止めさせることは難しい?


 猫ちゃんは、ハンティングをしたり木登りをするために爪を鋭く研ぎすます習性があります。爪とぎは猫ちゃんの本能なので止めてもらうようにすることは無理です。しかし、家の壁や家具を爪とぎで傷をつけてしまうのは困ります。爪とぎを止めさせることはできませんが、工夫することで被害を少しでも予防することは可能です。

どうして爪とぎをするの?


 爪とぎは、古い爪を剥がすためにしています。猫ちゃんが爪とぎをしている近くには、ポロポロと古い爪が剥がれ落ちていると思います。猫ちゃんの爪は爪の上に爪がかぶさってできていて、一番外側の爪が古い爪になり、中の爪が新しい爪、ピンク色の部分は血管が通っており作りかけの爪になります。



爪とぎ器を使ってもらうおすすめ行動


 猫ちゃんには、部屋の柱や家具ではなく爪とぎ器で爪とぎをしてもらうようにしましょう。猫ちゃんは、気に入らない場所に爪とぎ器を設置しても使ってくれません。爪とぎ器は、猫ちゃんが気に入ってくれる場所に置きましょう。爪とぎ器がお気に入りの場所にあれば使用してくれます。もし、使用してくれない場合は、壁に立てかけたり、またたびをふりかけるなどして猫ちゃんの気を引いてみましょう。

爪切りを嫌がる猫ちゃんへの爪切りのこつ


 爪とぎ被害を減らすには、定期的に爪切りをすることも必要です。爪が鋭いと人に傷をつけたりしてしまう場合があります。爪切りをする際には、深爪に注意しましょう。猫ちゃんが爪切りを『怖い』『痛い』と認識してしまうと爪切りに協力してくれなくなったり、爪がないことでストレスを抱えてしまいます。
 爪切りを嫌がる場合は、バスタオルなどで猫ちゃんを包んで抱っこして、包んだまま脚を1本づつタオルの外に出して素早く爪切りをします。タオルに包まれることで安心感を得られる猫ちゃんは、爪切りの際におとなしくしてくれます。

爪とぎ器の種類をまとめました


 爪とぎ器はいくつか種類がラインアップされています。いろいろ試して猫ちゃんが気に入る爪とぎ器を見つけてあげましょう。ポイントは、猫ちゃんが家の中で爪を研ぐのに1番心地よいと判断してくれることです。材質は、ダンボールや麻製、木製、カーペット製などがあります。猫ちゃんによって爪が研ぎたくなる材質は違うので、家の中で猫ちゃんが爪とぎをしているか材質を参考にしたり、いろいろな材質を置いて猫ちゃんの反応をチェックしてベストな材質を選びます。また、斜めに立てて使用する爪とぎ器やコーナーの壁に貼り付けて使うタイプなどデザインもいろいろあります。

段ボール製

 猫ちゃんにとっては、段ボールは使いやすいようです。使ってくれる頻度が高い爪とぎ器になります。ただ、段ボールのカスが出るため部屋が散らかってしまうデメリットがあります。

【楽天】段ボール製 爪とぎ器



麻製

 とぎカスが出にくく比較的安価です。防虫・防カビ性が高くとても丈夫な素材です。

【楽天】麻製 ポール型爪とぎ器

木製

 木製は、他の爪とぎ器と比べると重さがあります。木登り感覚が味わえ、カスが出にくいタイプです。

【楽天】木製 爪とぎ器

カーペット製

 おしゃれなデザインやかわいいデザインがあるので、インテリアを重視するならカーペット製タイプがお勧めです。

【楽天】カーペット製 爪とぎ器

catsneko

1,450 views

譲渡会で頂いた猫ちゃんを飼っています。猫ちゃんのお役立ち情報を届けられるように、猫好きのお友達達と情報交換しています。

プロフィール

関連記事一覧

error: Content is protected !!