猫ちゃんと一緒に楽しく生活できる理想的な部屋環境

猫ちゃんを迎える準備いろいろ

家猫種の誕生について


 猫ちゃんは、本来は野性的で外で生活してましたが、ペットとして人間に可愛がられるようになり家猫種が誕生しました。家猫ちゃんは、家の中でお腹をだしてお昼寝をしたり、ご飯を飼い主さんにおねだりしたりするようになりました。天敵がいなくなり、警戒心は希薄となり、ご飯は狩ることから人間へのおねだりへ変化しました。家猫ちゃんは家の中で1日を過ごしますが、猫ちゃんの本能である爪とぎや高い所が好きな習性は変わっていません。



部屋づくりのポイント


 家猫ちゃんの理想的なお部屋は、猫ちゃんの本能が発揮できる工夫がお部屋に散りばめられていることです。具体的には、猫ちゃんが上下運動できる用具や家具を置くことです。猫ちゃんにとって上下運動は必要不可欠で、高い所に上るのが大好きな猫ちゃんは多いです。かといって、キャットタワーを無理に設置する必要はありません。キャビネットなどの家具に段差をつけるなどして、猫ちゃんが高い所へ行けるように配置してもOKです。猫ちゃんは、高い所を好みますので、高い場所に猫ちゃんベットをなどを置いてあげるのもお勧めです。

【楽天】肉球キャットタワー

猫ちゃんの脱走の予防と対策


 窓やべランドなど外への通路を全開にしてしまうと猫ちゃんが脱走したり落下したりする恐れがあり、事故に繋がりかねません。開けるとしても猫ちゃんが通れない程度にしましょう。網戸がない窓の場合は、猫ちゃんが通り抜け出来ない程度しか窓が開かないように補助具をつけておくと、猫ちゃんの脱走や墜落事故を防ぐための対策ができます。

【楽天】窓サッシ開口制限ストッパー



もし脱走してしまったら?


 もしも猫ちゃんが脱走してしまったら、すぐに捜索を始めましょう!!脱走を目撃してない場合であれば、脱走には以外に気が付かないものです。ご飯の時間になって猫ちゃんが行方不明なことに気が付き、脱走に気が付くなど、知らず知らずのうちに脱走しているケースがあります。
 家猫ちゃんは、外の世界に縄張りがないため、あまり遠くには行かない傾向があり、自宅を中心に半径500メートル以内にいる可能性があります。捜索の際は、猫ちゃんの好きなフードや臭いのあるウェットフードを持っていき、おびき寄せるようにしましょう。猫ちゃんを連れて帰るためのゲージの持参をお勧めしますが、ゲージが嫌いな猫ちゃんの場合は逃げてしまう可能性があるので、洗濯ネットなどを持っていくのもお勧めです。
 猫ちゃんが行方不明になったら、保健所に連絡をして失踪届や保護届を届け出ましょう。品種、年齢、性別、特徴などを伝えます。失踪から時間が経過してから届ける人もいますが、届け出は早めに出した方が猫ちゃんが早く見つかる可能性が高まります。もし、猫ちゃんが戻ってきたら、保健所に届け出の取り下げの連絡を忘れずにしましょう。無事に猫ちゃんが発見されたら、元気に見えても念のため動物病院で健康チェックをして頂くことをお勧めします。

大事な物は管理を工夫しましょう


 パソコンなどの精密機器や楽器などはカバーをかけて保管するようにしましょう。我が家では、ギターにひっかき傷をつけられました、、。傷つけて欲しくない大切な物は、猫ちゃんが近づいても傷を付けないようにカバーなどをかけるなどして保管しましょう。また、猫ちゃんが机の上などに乗る可能性がある場所には、落とされたら困る物を置かないようにしましょう。

catsneko

1,450 views

譲渡会で頂いた猫ちゃんを飼っています。猫ちゃんのお役立ち情報を届けられるように、猫好きのお友達達と情報交換しています。

プロフィール

関連記事一覧

error: Content is protected !!