2匹目の猫を迎える時、失敗ない工夫や相性の注意点は?

猫ちゃんを迎える準備いろいろ

2匹目を迎える失敗しない会わせ方

慣れるまでお試し期間をつくる

 猫ちゃんの性別や年齢によって相性はありますが、お見合いしてみないと実際の相性はわかりません。2匹目の猫ちゃんを迎える場合は、1~2週間程の相性を見る「トライアル期間」を設けてもらいましょう。喧嘩がたえないなど一緒に飼うのが難しい場合は、残念ですが猫ちゃんをお返ししましょう。



対面のタイミングを図る

 いきなり対面させるのはNGです。喧嘩に発展してしまう可能性があります。お友達になるためのステップを作ってあげましょう。
 まずは、先住猫ちゃんに2匹目に気配を感じさせます。新人猫ちゃんをケージに入れた状態で先住猫ちゃんの生活スペースでない所へケージを置きます。先住猫ちゃんの慣れを感じたらキャリーバックやケージなどに入れたまま先住猫ちゃんに対面させます。こうすれば、喧嘩になっても怪我を回避できます。威嚇する様子があれば、新人猫ちゃんをしばらく広めのケージで飼うのもひとつの手です。大丈夫そうになったら新人猫ちゃんをケージから出してあげましょう。

【楽天】猫ちゃんケージはこちら

先住猫ちゃんをたくさん可愛がる

 先住猫ちゃんは、2匹目の登場で不安になってしまったり嫉妬してしまいます。新しく来た猫ちゃんに気が向いてしまいがちになると思いますが、先住猫ちゃんをたくさん可愛がって安心させてあげましょう。

猫ちゃんが仲良しになりやすい組み合わせ

『子猫ちゃん』と『子猫ちゃん』

 子猫ちゃんどうしの組み合わせは、1番うまくいきやすい組み合わせです。兄弟の子猫ちゃんどうしは、血縁関係があるのでまず問題ないでしょう。注意が必要な男の子猫ちゃんどうしは、子猫ちゃんでしたらあまり心配ありません。お互い良き遊び相手になると思います。



『成猫ちゃん』と『子猫ちゃん』

 成猫ちゃんが男の子か女の子かで多少違いがあるようですが、成猫ちゃんは子猫ちゃんにはあまり警戒しないようです。特に女の子猫ちゃんは比較的すんなり受け入れてくれます。出産後や授乳中の猫ちゃんは、オキトシニンのホルモン分泌が大量になり母性本能が非常に高まるタイミングです。子猫ちゃんを自分の子供達と一緒に育ててくれるかもしれません。

『男の子猫ちゃん』と『女の子猫ちゃん』

 異性であればあまり喧嘩に発展しないといわれています。繁殖を考えていないのであれば不妊手術は必須です。

『女の子猫ちゃん』と『女の子猫ちゃん』

 女の子猫ちゃんは、男の子猫ちゃんに比べるとテリトリー意識は低いので他の猫ちゃんがいてもあまりストレスを感じない傾向があります。相性が合わなくてもお互いにクールに過ごすことができる傾向が多いようです。嫉妬させないように愛情は平等にかけてあげましょう。



注意する組み合わせ猫ちゃん

『男の子猫ちゃん』と『男の子猫ちゃん』

 去勢していない成猫男の子ちゃんどうしは要注意です。男の子猫ちゃんは、なわばり意識が強く自分のテリトリーに入ってくると喧嘩寸前、にらみ合いの一触即発の形勢となってしまいます。私の体験談ですが、猫カフェに遊びに行ってから帰宅した所、我が家の猫ちゃん(ニャン太君)に威嚇されました。他の猫ちゃんのニオイが付いてたからだと思いますが、2匹目猫ちゃんを男の子で迎えるのは少々難しいなと実感しました。

『シニア猫ちゃん』と『子猫ちゃん』

 シニア猫ちゃんは、子猫ちゃんと一緒に暮らすとストレスを感じる場合があるようです。好奇心が一杯の子猫ちゃんは、遊んで欲しくてシニア猫ちゃんを追いかけたりします。ゆっくりお昼寝したいシニア猫ちゃんに取っては、負担となってしまうことも、、、。

catsneko

1,126 views

譲渡会で頂いた猫ちゃんを飼っています。猫ちゃんのお役立ち情報を届けられるように、猫好きのお友達達と情報交換しています。

プロフィール

関連記事一覧

error: Content is protected !!