子猫を家族として迎えたい、どうやって見つけたらいい?

猫ちゃんを迎える準備いろいろ




猫ちゃんを迎える時に何を基準にしますか?


 猫ちゃんをどこから迎え入れたいかは、その人の価値観によるかと思います。猫であれば性別や年齢、品種を問わずになんでもウェルカムな方。譲渡会で充分と思われる方。猫ちゃんの品種などを色々を調べて、この品種を飼いたいと思われる方。色々な考えがありますし、実際に猫ちゃんをお迎えに行く場所は、さまざまです。

 猫ちゃんを飼う時に、飼い主さんが自己決定をして決めることがポイントになるかと思います。自己決定は、猫ちゃんへの愛情や責任へ繋がっていく傾向があるからです。ご自身で飼うと決めたり、家族会議で皆で決めることが大切かと思います。

ペットショップを利用する~衝動買いは厳禁です~


 猫ちゃんを飼う際にはペットショップでの購入が選択肢のひとつとしてあると思います。可能であれば、何軒か回りお店の比較をしてから決めるのがベターだと思います。購入後も育て方のアドバイスや相談に乗ってくれそうなアフターケアが充実したお店を選ぶこともポイントかと思います。

 猫ちゃんは、品種による性格の傾向やかかりやすい病気の傾向があります。例えば、「肥大型心筋症」はアメリカンショートヘアーやメインクーンに多いそうです。ベンガルはよく鳴くので飼う場合は防音対策を勧められています。かかりやすい病気や性格の傾向をよく調べてから購入しましょう。

ブリーダーを探してみる~飼いたい品種が決まっている場合~


 ブリーダーとはその品種を専門に繁殖している猫ちゃんのプロです。飼いたい猫ちゃんの品種が決まっているならば、知人の紹介やインターネットで直接ブリーダーへお問合せをしてみて下さい。

 ブリーダーを訪ねると母猫や兄弟、飼育環境を実際に確認することができると思います。また、比較的希望に近い猫ちゃんに出会えるかと思います。

譲渡会での引き取り~野良猫ちゃんの里親になる!!~


 我が家は、譲渡会に参会して子猫ちゃんを譲って頂きました。引き取りの際には、予防接種代と寄付金的な感じで30,000円程かかりました。(引き取りにかかる費用は団体によって違うそうです)

 そして、飼い主さんが万が一の時の引き取ってくれる人(「子供」にしました)をお知らせして無事に引き取ることができました。猫ちゃんと一緒に病院の通院歴の書類を頂きましたが、名前が「ちょび」→「はるま」と2回変わっていました。そして我が家にて「ニャン太」へと、またまた改名となりまりました。

 譲渡会に参加する猫ちゃんたちは、訳ありみたいですね、、、。我が家のニャン太君は野良猫ちゃんの出身です。



保健所~殺処分される猫ちゃんの命を救う~


 猫ちゃんが保健所へ持ち込まれ、収容期間内に飼い主さんが見つからないと数日後には必ず殺処分されてしまいます。出産シーズンの春先は多くの子猫ちゃんが保健所へ持ち込まれます。平成29年には全国で45,574匹の猫ちゃんが殺処分となっています。手を差し伸べることで1つの命を救うことができます。
 
 もし、保健所からの引き取りを希望しているのであれば、お近くの保健所へお問合せしてみましょう(各自治体の保健所ホームページにて譲渡の案内等をしてます)

動物病院~里親募集の張り紙がでていることも、、、。~


 動物病院に猫ちゃんの里親募集の張り紙がでていることがまれにあります。

 動物病院からの引き取りですと、先生に猫ちゃんの健康状態や保護されたときの状況などを聞けると思います。また、先生に猫ちゃんを飼うデメリットや飼育方法などの相談ができるかと思います。
 
 病院のホームページで募集している所もあるので探してみましょう。



拾ってしまった~これは運命??~


 もし、猫ちゃんを飼おうと真剣に考えてる時にタイミングよく猫ちゃんを拾ってしまった場合は、もしかしたら運命的な出会いかもしれませんね。

 捨て猫ちゃんや野良猫ちゃんは、病気などに感染している場合や寄生虫の駆除が必要になる場合もあるので必ず動物病院に診てもらいましょう。もしも、飼うのが難しいのであれば、地域の保護団体へ相談してみましょう。

友達や知人から声をかけられる


 友達や知人などから『猫飼わない?』と聞かれた経験はありませんか?私は、小学生の頃、同級生から聞かれた経験があります。どうやら同級生の知人が飼っている猫ちゃんに子猫が生まれたそうです。タイミングよく『子猫飼わない?』と声がかかる時があるかもしれません。
 
 また、一人暮らしの親戚が猫ちゃんを飼っており、飼い主さんが亡くなってしまった場合、親族が猫ちゃんを引き取る場合があります。その場合は、子猫ではなく時には高齢猫の場合もあります。

猫ちゃんの一生涯を面倒できるか自分の心に確認する。

 猫ちゃんを飼う前に、猫ちゃんを一生お世話をする覚悟はととのっていますか?品種によって差異はありますが、猫ちゃんによっては15年近く生き20年以上生きるの長寿の猫ちゃんもいます。猫ちゃんを飼う前に、生涯家族として一緒に過ごせるかどうか再確認しましょう。
 
 猫ちゃんは、遊びたい時に遊んでを要求したり(食後にワォーンと鳴いたり)、お腹がすいてる時にご飯の要求をします(朝6時頃にはニャーニャー鳴いたり)。そして、新聞を読んでいる時やパソコンをしている時には邪魔してきます。飼い主さんが何かをしていてもお構いなしです。協調性がなく自由きままな性格なのが猫ちゃんなのです。

catsneko

1,358 views

譲渡会で頂いた猫ちゃんを飼っています。猫ちゃんのお役立ち情報を届けられるように、猫好きのお友達達と情報交換しています。

プロフィール

関連記事一覧

error: Content is protected !!